スポンサードリンク

道南の温泉

 道南:温泉ガイド

朝里川温泉 (8)

朝里川温泉は小樽近郊の朝里川沿いに位置する、三方を山で囲まれた「小樽の奥座敷」として親しまれている昭和29年開湯の比較的新しい温泉。小樽市唯一の温泉として親しまれている。 周辺には湖畔公園や遊歩道が整備されている「朝里川ダム」や人気のドライビングコース「朝里峠」など自然豊かな観光スポットが数多くある。また夏はテニスやゴルフ、冬はスキーを楽しむことができる。

長万部温泉 (2)

長万部温泉は渡島半島最北部に位置する、1954年天然ガス試掘中に偶然温泉が発見され、その後新たに湧出量豊富な泉源が掘り当てられた小規模な温泉。古くから重要な鉄道分岐点として「鉄道の街」として栄えた。 周辺には国縫漁港があり、毛ガニやホッキ貝、カレイなど新鮮な海の幸が味わえる。

キロロ温泉 (1)

キロロ温泉は札幌中心地から車で約80分のところに位置する、赤井川村カルデラの大地から湧き出た温泉を利用した自然体験型リゾートとして開発されたリゾート温泉。 夏はパークゴルフなどのアウトドアスポーツやレジャー、冬はスキーやスノーボードが楽しめる。

北湯沢温泉 (5)

北湯沢温泉は長流川に沿いに位置する、明治30年に道庁の測量技師が発見したと伝えられる清流の川床から湧き出る豊富な湯量が自慢の名湯。 周辺には三段の層をなして美しく流れ落ちる名勝「三階滝」や洞爺やニセコ一帯が一望できる「ホロホロ山」などの観光スポットがあり、北の地の雄大な自然が満喫できる。また洞爺湖や支笏湖の観光の拠点として多くの人々に利用されている。

小金湯温泉 (2)

小金湯温泉は豊平川の上流右岸に位置する、周囲を神威岳と札幌岳に挟まれた自然豊かな山里の穴場的温泉。 周囲にはサクランボをはじめイチゴやモモなど様々なフルーツが収穫される果樹園やアイヌ文化を体験できる展示施設「サッポロピリカコタン」などの観光スポットがある。

虎杖浜温泉 (7)

虎杖浜温泉は登別駅の東4kmから白老のポロト湖畔までに点在する、道内指折の湯量と太平洋の絶景が自慢の温泉郷。 近くには全国で透明度第2位、水質日本一をを誇る「倶多楽湖」や地球の丸さを実感できる「地球岬」などの観光スポットも数多くある。また湖の源流となる湧水で育てられた良質なニジマスを味わうことができる。

盃温泉 (1)

盃温泉は積丹半島の南側に位置する、豊富なビューポイントやレジャースポットが自慢の風光明媚な温泉。海水浴や海釣り、キャンプなどのアウトドアライフを思う存分満喫できる。 周辺にはカブト岩やマウンテンゴリラの岩などの奇岩、弁天島、末広の滝など自然のみどころがたくさんある。また隣接する盃漁港に水揚げされたばかりの新鮮な日本海の海の幸を味わえる。

鹿部温泉 (3)

鹿部温泉は内浦湾に位置する、100℃の熱湯が15m以上の高さまで断続的に噴き上げる日本最大級の間欠泉が自慢の豊富な魚介類が水揚げされる漁港の町として知られる温泉。 沼国定公園や五稜郭、函館などが近くにあり、道南の名所の観光拠点として多くの人々に利用されている。

支笏湖温泉 (7)

支笏湖温泉は日本最北の不凍湖・支笏湖東岸に位置する、田沢湖に次ぐ国内2番目の水深を誇る支笏湖とほとんど手つかずの豊かな大自然が自慢の温泉。肌をしっとりとなめらかにする湯は、別名「美人の湯」として親しまれてる。 周辺には記念撮影ポイントとして人気の支笏湖にかかる鉄橋「山線鉄橋」やバードウォッチングが楽しめる「野鳥の森」などの観光スポットがある。またヒメマスなど地元の食材を使った料理が味わえる。

定山渓温泉 (18)

定山渓温泉は支笏洞爺国立公園内に位置する、慶応2年に僧侶・美泉定山が源泉を発見したのが始まりと伝えられる「札幌の奥座敷」として道内で1、2の人気を誇る自然豊かな温泉。 春はエゾヤマザクラ、夏は森林浴、秋は紅葉、冬は雪景色やスキーと一年を通して楽しむことができる。

白老温泉 (4)

白老温泉は白老町の中心地に位置する、独特の文化が築かれてきた道内屈指の大きなコタン(村)があり、アイヌ文化や伝統にふれることができるモール泉の温泉。 毛蟹やタラバガニ、名物のたらこなど北海道ならではの新鮮な海の幸が味わえる。

札幌市内の温泉 (7)

すすきの天然温泉 (3)

すすきの天然温泉は札幌のど真ん中に位置する、アーバンリゾートホテル「ジャスマックプラザホテル」内の温泉。 周辺には1998年10月に修復工事を終えた「さっぽろ時計台」や360度札幌市の街並みを一望できる展望台「さっぽろテレビ塔」などの観光スポットが数多くある。また北海道ならではの新鮮な海の幸が満喫できる。

洞爺湖温泉 (13)

洞爺湖温泉は洞爺湖湖畔に位置する、「蝦夷富士」と呼ばれる羊蹄山や白い噴煙を上げる昭和新山が一望できる「北海道三大景観」の一つに数えられる洞爺湖が自慢の風光明媚なリゾート温泉。 周辺には2008年に開催されたG8北海道洞爺湖サミット関連の資料が展示されている「北海道洞爺湖サミット記念館」や火山科学館「洞爺湖ビジターセンター」などの観光スポットが数多くある。

壮瞥温泉 (3)

壮瞥温泉は洞爺湖畔に位置する、すぐ近くの洞爺湖温泉の賑やかさとは対照的に落ち着いた雰囲気が漂う閑静な林間の温泉。 有珠山や昭和新山の観光基地として利用されている。

濁川温泉 (2)

濁川温泉は渡島半島中央にある濁川盆地に位置する、江戸時代から湯治場として栄えてきたひなびた風情が漂う小規模な温泉。田園風景が広がる濁川盆地内に5軒の宿が建ち並ぶ。 道内初の地熱発電所があり、温泉熱はビニールハウスに利用され野菜栽培などに利用されている。また山桜やツツジの美しい所としても知られ、春には見事に咲き誇る様子が楽しめる。

ニセコ昆布温泉 (7)

ニセコ昆布温泉はニセコアンヌプリの西南麓標高300mの山あいに位置する、ニセコ温泉郷の一つでシラカバなどの林が広がる閑静な高原の温泉。ニセコアンベツ川に沿って5軒ほどの宿が建ち並ぶ。 周辺にはニセコ名水「甘露泉」が湧く「さかもと公園」やキャンプやテニス、散策などが楽しめる「昆布温泉公園」などの可能スポットがある。

ニセコ新見温泉 (2)

ニセコ新見温泉は目国内岳の麓に位置する、開祖・新見直太郎が夢で見た神の御告げで発見したと伝えられる大正元年開湯の温泉。湯治宿として栄えてきた。 ニセコ連峰の冬山スキーや夏山登山の基地として多くの人々に利用されている。また夏はヤマメやイワナなどの川魚料理、秋は落葉キノコなどの山キノコを使った山菜料理が味わえる。

ニセコひらふ温泉 (3)

ニセコひらふ温泉はニセコアンヌプリの山腹に位置する、ニセコ温泉郷の一つで正面に羊蹄山を一望できる高原の温泉。温泉を引いた山田邦吉の名から「山田温泉」とも呼ばれている。 冬はニセコ国際ひらふスキー場の基地として多くのスキーヤーで賑わう。

ニセコ湯の里温泉 (3)

ニセコ湯の里温泉は昆布駅近くに位置する、ニセコ温泉郷の一つで別荘地開発とともに誕生したリゾート温泉。リゾートホテルやロッジ、貸別荘が建ち並ぶ。 周辺には羊蹄山や神仙沼などの観光スポットがあり、雄大な自然を満喫できる。夏はカヌー、冬はスキーやスノーボードなどが楽しめる。

ニセコ温泉郷(その他) (20)

ニセコ温泉郷はニセコアンヌプリを中心としたニセコ連峰山麓に位置する、夏はカヌーや熱気球、冬はスキーなどが楽しめる高原リゾート温泉郷。 倶知安町、ニセコ町、蘭越町の3町に点在する昆布川温泉をはじめアンヌプリ温泉、新見温泉などを総称して「ニセコ温泉郷」と呼ばれており、個性的な湯巡りが楽しめる。

登別温泉 (15)

登別温泉は太平洋に流れ込む登別川の支流・クスリサンベツ川沿いに位置する、11種類もの北海道一の豊富な泉質と豊かな自然が自慢の太古から続く原始林に囲まれた全国屈指の温泉。国内外から年間330人が訪れる日本を代表する名湯である。 周辺には地底から噴出す迫力ある噴煙が見られる温泉の源泉地「登別地獄谷」や100頭以上のヒグマが飼育されている「クマ牧場」など多種多様な観光スポットが数多くある。

カルルス温泉(登別) (5)

カルルス温泉は来馬岳の山麓に位置する、ラジウムを豊富に含んだ泉質がチェコのカルロビ・バリー温泉と似ていることから名付けられた開湯明治19年の温泉。薬効がすばらしく道内最初の国民保養温泉地として指定され、湯治場として親しまれている。 周辺には「カルルス温泉サンライバスキー場」があり、冬はスキー客で賑わう。

八雲温泉 (2)

八雲温泉は八雲町と熊石町の境の雲石峠付近に位置する、内浦湾を隔てて遠く駒ケ岳の雄姿を望む自然に囲まれた一軒宿の温泉。 周辺では渓流釣りが楽しめるほか、プール主体の温泉施設「ホットランドやくも」などのレジャースポットがある。

函館温泉 (5)

函館温泉は函館の市街地に位置する、元町界隈や人気のベイエリアにも近い絶好のロケーションが自慢の函館駅から徒歩圏内の手軽な温泉。 一面ガラス張りの大浴場では津軽海峡の漁火や市街地の夜景を眺めながら湯巡りが楽しめる。

函館 湯の川温泉 (27)

湯の川温泉は函館市郊外に位置する、登別温泉、定山渓温泉と並んで「北海道三大温泉」の一つに数えられる300年以上の歴史を誇る古湯。 目の前には津軽海峡が広がり、夏から秋にかけて温泉に浸かりながら函館の風物詩であるイカ漁の漁火が楽しめる。また函館朝市など数々の観光名所にも近く、函館観光の拠点として多くの人々で賑わう。

乙部温泉 (2)

乙部温泉は館浦、鳥山、緑町の三つの温泉を総称したもので、館浦温泉には宿泊施設「光林荘」や日帰り温泉いこいの湯がある。泉質は保湿効果が高くしっとりとしていて、ホテルでエステなどに使用されている。

その他の温泉 (31)

道南の温泉

道南の温泉 宿を208件掲載中。 道南のホテル・旅館・民宿・公共の宿などから、温泉のあるおすすめ宿を掲載していますので、道南の温泉に旅行に行くなら「道南 温泉 宿情報」をお役立てください。割引情報やイベント情報まで道南の温泉情報が満載です!

道南の人気温泉宿をピックアップ!

北海道岩内郡に建つ「グリーンパークいわない」は、岩内町の街並と岩内湾、そして積丹半島を見渡す眺望...

都会の喧騒を忘れさせてくれる、本格的リゾートスタイル。札幌繁華街中心部にある天然温泉施設です。2...

移ろいゆく豊かな自然に寄り添いながら、和モダンという完成された空間に寛ぎという命を注ぎ込む宿。 ...

ニセコの大自然、温泉、グルメを贅沢に満喫できる宿「ニセコプリンスホテルひらふ」。誰もが満足するリ...

洞爺湖の美しい景観に抱かれた「北海ホテル」。温泉街から少し離れ、閑静な湖畔岸に建つ和風旅館だ。 ...

「グランドホテル瑞苑」は、渓谷を見渡す高台に位置する、 定山渓の中において最大級の広さを誇る露...

北海道・登別温泉の北にカルルス温泉は位置し、オロフレ峠へ向かう途中にある小さな温泉郷にある、湯治...

JR室蘭本線伊達紋別駅よりバスにて40分。長流川のほとりに佇む、北湯沢温泉「 湯元 名水亭」。道...

道南渡島半島の中央に位置し、日本海の大海原と奇岩の数々、 海岸からの奥尻島の眺望が素晴らしい温泉...

創業150年の歴史をもつ、登別温泉の老舗旅館。 つかずはられずのおもてなしをモットーに、ご...

登別温泉の奥座敷と言われている日本の名湯、登別カルルス温泉。「湯元オロフレ荘」は、その一角に佇む...

北海道の大自然が溢れる地にある「いとう温泉」。支笏湖の湖畔に佇み、客室や温泉からは美しいレイクビ...

【クイックリンク】