温泉でダイエット

温泉は、入浴するだけでダイエット効果が期待できるのをご存知でしたか?
身も心もリラックスできる温泉で、ダイエットもできたら……。一石二鳥ですよね(「二兎を追う者は、一兎をもえず」といいますが……、これは無視してください)。温泉に入ると、体が温まり、血行だけでなくリンパの流れもよくなります。すると、代謝機能が高まるので、老廃物が排出されるので、きれいにダイエットすることができるのです。

ここでは、効果的にダイエットができる入浴方法をご紹介します。
反復して入浴する方法
繰り返し入浴する方法が「反復入浴」です。この入浴方法には、2種類あります。42度前後の熱めのお湯を利用する「高温反復浴」と、40度前後のちょっとぬるめのお湯を利用する「中温反復浴」です。
高温反復浴は、「お湯に2~3分程度入ったら、一度あがって3~5分の休息をとり、再度2~3分程度入浴する」という行為を、約3回繰りかえします。(入浴前後に必ず水分補給をしてください)
中温反復浴は、「お湯に5~10分程度入ったら、一度あがって5~10分の休息をとり、再度5~10分程度入浴する」という行為を、約3回繰りかえします。(入浴前後に必ず水分補給をしてください)
高温反復浴の場合、熱いお湯を利用するため、胃の動きが鈍くなります。したがって、空腹感がやわらぎます。この高温反復浴を、食事の30分程度前にすることで、自然な食事制限ができるようになります。
ただし、この入浴方法は、体にかける負担がおおきいため、無理をしない程度でおこなってください。入浴前後の水分補給は、必須です。
「温→冷」を繰りかえして入浴する方法
20度前後の「水風呂」と、40度前後の「温泉」を繰りかえして入浴する方法が「温冷交代浴」です。実は、ダイエットには、一番効果が期待できる方法だといわれています。温かいお湯と、冷たい水を交互に行ったり来たりすることで、血管が拡大・収縮を繰りかえします。血の循環が良くなり、新陳代謝が活発になります。さらに、これを繰りかえしているうちに、心臓から血液を送りだす力が強くなるため、低血圧の改善にもつながるといわれています。
半身浴
これは、有名なのでご存知の方も多いかと思います。
半身(みぞおちから下の部分)のみを湯船に入れる方法です。半身浴は、心臓への負担が少ないため、長時間入浴することができます(目安として、1回の入浴時間は、20分~30分です)。ダイエット効果だけでなく、冷え症の改善、美肌効果などがあるといわれています。ゆっくり時間をかけて、たっぷり汗をかき、体をすっきりさせましょう。 ただし、水分補給は必ずおこなってください。

ダイエットしたい部位別入浴方法のご紹介

「この部分を、スリムにしたい……」そんな女性の願望を、温泉が叶えてくれます。
ここでは、部分別にスリムアップして理想のボディに近づくための「温泉でできる! エクセサイズ方法」をご紹介します。筋肉の動きなどを意識しながらエクセサイズをすると、より効果的です。
ただし、エクセサイズの時間は30分程度に抑えて、動悸などを感じたら、すぐに中止してください。ぬるめの温泉でおこなうことをお勧めします。
足をスリムアップするには?
太ももをスリムアップしたい場合の方法は、こちら。
まず湯船の中で両ひざをたてます。次に両手を両ひざの外側にあて、その状態で、両ひざは外に開くように、逆に両手は、ひざが開かないようにおさえます。これを5秒間、約5回おこなってください。完了したら、両手を両ひざの内側に移動させ、その状態で、両ひざは内側に閉じるように、逆に両手は、ひざが閉じないように内側からおさえます。これも、同じく5秒間、約5回おこないましょう。

ふくらはぎ・足首をスリムアップしたい場合の方法は、こちら。
湯船の中で足をのばし、両足首をそろえます。足首からつま先にかけて、できるだけのばしてください。これを5秒間、約5回おこなってください。完了したら、次は反対に足首からつま先にかけてできるだけ上にそらせてください。これも5秒間、約5回おこないましょう。
ウエストをスリムアップするには?
湯船の中で座ります。下半身は正面をむけたまま、上半身だけ右側に向け5秒静止します。次に、下半身は正面をむけたまま、上半身だけ左側に向け5秒間静止します。これを5回繰りかえしましょう。
次に、ひざを少し曲げます。手で体をささえながら、足首が水面から出る程度まで足を上げます。これを5秒間、5回繰りかえしましょう。
腕をスリムアップするには?
湯船の中で、指先がひっかかるように手をくみます。左右の指先を引っぱるように引きあいます。この状態で5秒間静止します。左右のバランスを保つために、右手が上の場合と左手が上の場合を、それぞれ5回ずつ繰りかえしおこないましょう。

【クイックリンク】